こだわらずにいこう

固まっているより、面白そうなことはどんどんやってみる。

季節の行事

ホワイトデーの花のおすすめは?バラの本数の意味もご紹介

2017/02/08

彼女からバレンタインでチョコを貰い、ホワイトデーでお花をプレゼントしようと思っているけどどんな花がいいかわからない、と思っていませんか。

そこでホワイトデーでおすすめのお花をご紹介します。

スポンサーリンク
  

ホワイトデーの花のおすすめは?

花束にする切り花はホワイトデーの時期ですと、バラ、チューリップ、ガーベラにかすみ草などがあります。

1.バラ

バラはやはり女性へのプレゼントとして人気があります。
花言葉は、「愛」「美」
とくに赤いバラの花言葉は、「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」です。

バラは本数にも意味がありますので、次の章でご紹介します。

2.チューリップ

チューリップ全般の花言葉は、「思いやり」
赤いチューリップは「愛の告白」です。

ただし、黄色いチューリップの花言葉は「望みのない恋」「報われぬ恋」となっていますので、注意してください。

3.ガーベラ

ガーベラもホワイトデーの時期によく見かけます。

花言葉は、「希望」「常に前進」
中でもピンク色のガーベラの花言葉は、「熱愛」「崇高美」となっており、抑えられないほど好きだという気持ちを表します。

ガーベラは茎が柔らかく折れやすいので、ミニブーケにしてみてはいかがでしょうか。茎を短く切って、手のひらサイズのブーケにしてもらうのです。
こうすれば折れにくいですし、手頃なサイズの紙袋に入れることで目立たずに持ち歩くことができます。

4.プリザーブドフラワーなど

花の種類ではないのですが、「プリザーブドフラワー」というものがあります。
外観は生花のようにきれいです。

スポンサーリンク

生花を特殊加工することで、水やりをしなくても枯れず、きれいに咲いたままの状態を長期間保つことができます。

寄せ植えのようなタイプや、透明な小さい箱に花が入っているものなどもあります。少しモダンな花屋さんや、楽天、ヤフーショップなどで取り扱いされています。
プレゼントされても持って帰りやすく、部屋にも飾りやすいのでセンスがいい贈りものと思われるでしょう。

あとは、アレンジメントを選ぶという選択肢もあります。アレンジメントとは籠などに吸水性のスポンジを入れて、それに生花をさしたものです。花瓶に移し替えずにそのまま飾ることができて便利です。

アレンジメントは便利ですがホワイトデーでは、できれば思いを込めたお花を自分で決めて、それを中心にした花束を店員さんにまとめてもらうことをお奨めします。

バラの本数の意味

人気のバラの花束は、本数によってもそれぞれの花言葉があります。ご自分に合った花言葉を添えてホワイトデーに贈ってはいかがでしょうか。

  • 1本は 一目惚れ、あなただけを想う
  • 3本は 告白、愛しています
  • 5本は あなたに出会えて本当にうれしい
  • 6本は あなたに夢中
  • 8本は あなたの思いやりに感謝
  • 9本は いつも思ってます、いつも一緒にいてください
  • (女性は言われたら嬉しい言葉です)

  • 11本は 最愛

(以降はホワイトデーでのお返しには多い本数ですが、ご参考まで)

  • 99本は 永遠の愛、ずっと一緒にいよう
  • 108本は 結婚して下さい
  • 999本は 何度生まれ変わってもあなたを愛します

まとめ

ホワイトデーでお花をプレゼントする場合について、ご紹介させていただきました。純粋な想いを込めた花束をもらえた女性はきっと満足してくれると思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-季節の行事